寝ないでいようと思っていたのに・・・。

元々普段からいびきがひどい私。

 

入院した時も気になるので、いつも個室を希望しています。

 

口呼吸をする、口を開けて寝るタイプにいびきです。

 

ある日、東京に用事があり初めて夜行バスに乗車しました。

 

寝てしまうといびきがひどいので寝ないように、事前にいっぱい寝ていました。

 

そしていざバスへ乗車しました。

 

大阪の梅田から出発しいくつか停車し、バスタ新宿へ行くバスでした。

 

バスが発車し、電気が消え、バスの中は暗闇になりました。

 

3列のバスで、カーテンで仕切りを出来るんですが、暗い車内で携帯を触ると光が明るいので触れず退屈で、しかしながらすごい心地よくなってしまい眠りに落ちてしまいました。

 

そして案の定いびきをかいてしまいました。

 

途中にトイレ休憩で停車するんですが、それにも全く気付くこともなく熟睡していました。

 

バスは目的地に進んでいき、途中に人が下りていき、その気配も分かっていたのですが、全く起きれず寝ていました。

 

終点のバスタ新宿に着き、前の人達とともにバスを降り、お手洗いへ行きました。

 

お手洗いも混雑していて並んでいました。

 

私もそこに並び待っていました。

 

私の前に並んでいた2人組が色々話していました。

 

「後ろの人、めちゃいびきうるさかってんけど。」

 

「ほんまそれ、うち寝れんかったんやけど」

 

「若干、無呼吸やったし。」

 

「まじそれ、いびき止まってた時若干心配したわ。」とのやりとり。

 

うぁ、それ私の事やん!ってすぐにわかりました。

 

その方は私の2列前に座っていた人でした。

 

発車前に静かな車内で大きな声でしゃべていたので覚えています。

 

乗車日、こんなこともあるかと眠たくならないように昼前から夕方までぐっすり寝たのに、なぜあんなにも寝てしまったのでしょう。

 

かばんには念のためにマスクもイビキストも入れていたのに。

 

もう、今となっては恥ずかしいという気持ちでいっぱいです。

 

どうしたらいびきをかかなくなるのでしょう。どうしたら口呼吸は治せるのでしょう。一人暮らしなので自分が無呼吸だなんて知りませんでした。

 

東京からの帰りも高速バスをを予約していましたが、キャンセルして新幹線で帰って来ました。

 

もう夜行バスはこりごりです。

 

こりごりというか、私のいびきでご迷惑をおかけできません。

 

でも、あんなに心地よい空間を提供してくれるバスに感動しました。

 

 

>>いびきを防止!「いびきサプリ」はこちら<<

 

 

>>『いびき』を詳しく知りたい方はコチラ<<

関連ページ

いびきで困ったこと
いびきを防止したいなら薬よりもサプリメントを服用する方が良い理由とは!薬には副作用がありますが、サプリメントにはありません。また、サプリには漢方に似た働きがあるとも言われています。これで旦那のいびきを撃退する事ができます。