いびきの失敗談を集めました記事一覧

元々アレルギー性鼻炎で、いびきを子供からかいていたようです。学生の頃は修学旅行とか緊張して寝れませんでした。みんなが寝静まった頃を見計らって寝たのですが、爆睡してしまいみんなに朝たたき起こされました。イビキすごいかいてたよと言われたので恥ずかしい思いをしたのを覚えています。まつ毛パーマを受けに行った時もまつ毛なのでどうしても目をつぶっていないといけないので、つぶっていたらいつの間にか寝ていたらしく...

元々普段からいびきがひどい私。入院した時も気になるので、いつも個室を希望しています。口呼吸をする、口を開けて寝るタイプにいびきです。ある日、東京に用事があり初めて夜行バスに乗車しました。寝てしまうといびきがひどいので寝ないように、事前にいっぱい寝ていました。そしていざバスへ乗車しました。大阪の梅田から出発しいくつか停車し、バスタ新宿へ行くバスでした。バスが発車し、電気が消え、バスの中は暗闇になりま...

いびきによる失敗談で思い出すのが、彼女と付き合いたての頃に初めて彼女の家に泊まりに行った時のことです。その日は記念日でお昼にデートをして、夜はちょっと奮発してイタリアンを食べに行きました。テーブルマナーなどをあらかじめ勉強して1日を通して男らしさを彼女にアピール出来て私は鼻高々でした。彼女は1人暮らしをしていたのでディナーの後に飲み直そうという話になり遊びに行くことになりました。その後の話は省略い...

私は太っている女性が好きというわけではまったくないのですが、そういった体型の女性と付き合うことがあります。あまり恋愛に積極的な方ではないので、仲良くなった人と付き合うということです。そしてモテる女性の場合は自分から積極的に動くことは少ないのかもしれませんが、太っている女性や、容姿があまり良くない女性の場合は待っていてもあまり来ないのかもしれません。そのため仲良くなった男性には積極的にアプローチして...

初婚の27歳、会社員の男です。前の職場が原因で埃のアレルギーが酷く、当時はいびきがかなり酷かった者です。同じベッドで寝ている奥さんには以前から「いびき結構かくんだね〜」と言われていましたが、温厚な女性ということもあり、あまり自分でも自覚症状はありませんでした。その時もいつも通りに仕事から帰り、夜にいつも通りにベッドに入り、いつも通りに嫁と一緒に就寝しました。ですが、ぐっすりと寝ていたときに突然ドス...

私は20代男性ですが、最近までいびきがうるさいと家族に言われていました。10代の頃は痩せ型でいびきも無く、寝ている時は静かだと言われていましたが、5年前くらいから太り気味になり、いびきをかいていると言われるようになりました。最初の頃は私自身いびきをかいている自覚は全くなかったのですが、徐々に体重が増えるとともにいびきが大きくなってきたらしく、いびきの大きさに家族が寝られないと言われるようになりまし...

私は元々鼻炎なので、鼻がいい方ではありません。そのせいで、よく点鼻薬を使ったりします。また、肩凝りが酷く、整体やリラクゼーションをよく利用するのですが、下を向くので、鼻水が垂れてきてしまうこともあり、なかなかの悩みどころです。しかし、やはり肩凝りから頭痛が来てしまうこともあって、なかなか耐えることができないので、リラクゼーションへ。いつも通り気持ちよく施術されていた時に、癒やされる優しい音楽と共に...

子供の頃から、私が寝ている時は「いびきをかいている」と、よく言われていたので自覚症状がありました。友人同士でのお泊り会や修学旅行などでも、やはり友人から言われて、恥ずかしくて申し訳なく思い、でも当時はまだ幼すぎて「いびきを治す、または改善策がある」とは微塵にも思わずに青春時代を過ごしていました。成長して、いずれお付き合いをするようになり、好きな人と同じベッドや布団で眠って、私のいびきで嫌われてしま...

いびきの体験談をお話します。親友と呼べる友達がひとりいます。友人とは、仕事先で出会ってから初めはあまり話しをしなかったのですが、なにかのきっかけで自然と話をするようになりました。それからというもの、意気投合した私たちはしょっちゅうお出かけを楽しむようになりました。買い物に出かけても趣味が本当に合うので、洋服のアドバイスをもらったり、小物をお互いに選び合ったりと本当に仲良く過ごしていました。そんな中...